「えっ!?そうだったの?」男の眉毛の整えるメリット&眉毛の3 大NG!

Pocket

「えっ!?そうだったの?」男の眉毛の整えるメリット&眉毛の3 大NG!

顔の印象を大きく左右する重要なパーツ、眉毛。

しかし、十人十色の眉毛、実際には「そこまで手入れっていう手入れはしてないよ!」「眉毛を手入れする必要ってなに?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、できる男には欠かせない「眉毛の手入れ」のメリットから、やってはいけない3大NGを紹介します!

 

◆男性も眉の手入れするメリットはたくさんあった!意外な3つの理由とは?

眉の形を整えて手入れを怠らないなんて、女性のする事だと思い込んでいませんか?近頃は男性でも眉毛を整えておくべきだという声が高まっています。では、なぜ眉毛を整えると良いのでしょうか。まずは、男性も眉毛を手入れして整えるべき理由を3つ挙げて、解説してみたいと思います。

 

1. 表情で思い通りの自分を演出する

人は顔の表情から感情を読み取ることができます。心からの笑顔は幸せを表現しますし、怒っているときは強ばった表情になるものです。また、表情をうまくコントロールして利用することで、コミュニケーションや仕事を円滑に進めることができます。そんな表情を決める顔のパーツの一つが眉毛です。眉毛が下がっているだけで、悲しそう、優しそう、自信がなさそうといった印象の表情に。反対に、眉毛が上がっていると、厳しそう、強そう、自信がありそうといった印象を見る人に与えることができます。
このように眉毛の形を作りたい自分のイメージ通りに整えておくことで、人に与える自分の印象もコントロールすることが可能です。

 

2. 目元の無駄毛を取り除き清潔感な顔立ちへ

眉が生まれつききれいに整っているというような人はいません。では、整っていない眉毛はどんな状態でしょうか。
整っていない眉毛はまぶたや時には額にかけてランダムに毛が生えていて、どこか清潔感に欠ける印象に。反対に眉毛が整っていると、目元に余計な毛がなくすっきりと清潔な印象を与えることができます。目元は顔の中でもよく見られる箇所なので、余計な毛は極力取り除いておくことで、第一印象から爽やかで清潔感のある顔にしましょう。

 

3. 印象アップのためには眉にもこだわる

ここまでで、眉毛を整えることで、理想の表情と清潔感ある顔立ちを作ることができるということがお分かりいただけたと思います。爽やかな表情と清潔感がそろっていれば、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも誰にでも好印象を与えることができます。また、いくら髪型や服装がいくら整っていても、顔の印象にマイナスイメージがあるとアンバランスになるものです。眉毛をきんと手入れして整えること、服装や髪型等にこだわることはすべてセットで身だしなみと考えることをおすすめします。

 

やってはいけない手入れ法~眉毛の3大NG~

ただでさえ難易度の高いように感じる眉毛の手入れ方法ですが、実は、やってはいけないNGが3つあります。反対にこの3つのNGを避けることで失敗しにくくなるので、チェックしておきましょう。

 

NGその1:眉の上の毛を剃ったり抜いたりする

眉毛を手入れする時は、できるだけアンダーラインを抜く、剃る、カットするなどして調整しましょう。眉の上には眉弓筋という表情を作る上で重要な筋肉があります。眉毛の上のラインを手入れしすぎると、この筋肉の動きが目立つようになり、表情がとても不自然に。特に、眉頭から眉山にかけてのトップラインの毛は、そのまま手を付けないほうが無難です。

NGその2:全体を短くカットしすぎる

眉毛全体の毛を切りすぎるのもNGです。全体的に薄くのっぺりとした印象の眉になり、不自然に仕上がります。眉頭は誰でも毛量が少なく薄いので、眉頭の毛は長く、眉尻にかけて短くカットして形を整えることをおすすめします。

NGその3:整えすぎる

3つ目のNGは、“整えすぎる”こと。まるで描いたようなきれい過ぎる眉もあまり良い印象を与えません。また、必要以上に剃ったり抜いたりすることで、細くしすぎるのも考えものです。理想の眉の形もいくつかご紹介しましたが、それを追いすぎるのではなく、もともとの自眉の形や濃さを活かして整えると良いでしょう。
いかがでしたか?
顔のほんの一部でしかないように思える眉毛ですが、ここを整えるだけでぐっと印象が変わります。普段人と接することの多い職業であれば、眉毛を整えることも当然の身だしなみと考えて普段からお手入れしましょう。
また、カジュアルなファッションを楽しむ時も、眉が整っていると清潔感がありオシャレ度もアップ。
道具をそろえ、普段のお手入れ方法もしっかり押さえて、更にワンランク上の男を目指してください!

出典:メンズ眉毛の手入れ決定版!整え方からおすすめ道具まで徹底解説