いつまでも若々しい肌に!冬の日焼け対策

Pocket

いつまでも若々しい肌に!冬の日焼け対策

 

 

日焼け対策は夏だけすればいいと思っていませんか?肌の露出が多く、日差しの強い夏に日焼け対策をするのは当然ですが、太陽からの紫外線は季節や天気関係なく降り注いでいます。とくにウィンタースポーツや冬登山などが好きという人にとって、日焼け対策は気をつけるべきポイントです。

 

日焼け止めは誰でもすぐに始められる紫外線対策。今では男性用の日焼け止めも多く登場しています。日焼けは乾燥やシミなどさまざまな肌トラブルを招きます。黒くならなければいい、ということだけでなく、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け対策はしっかり抑えておきましょう。今回は紫外線の肌への影響や乾燥する冬の季節に必要な日焼け止めについてご紹介します。

 

 

今さらだけど、紫外線ってなに?

紫外線が体には良くないと言っても、何が良くないのか分かりませんよね。紫外線は浴びる量によって人間の体に与える影響は変わります。紫外線による体への影響を知るには、まず紫外線の種類について知っておかなければなりません。紫外線には3つの波長があるとされ、その内の2つが私達の体に影響を及ぼします。

 

・UV-A波

地表や人間の体に当たる紫外線の内、最も長い波長であるのがこの「UV-A波」です。UV-A波は、肌の表面だけでなく内部にまで入り込む力があります。さらに雲や窓ガラスまで通り越す力があるとされ、今は室内にいてもこのUV-A波の影響を受けているとさえ言われています。よって、晴れの日だけではなく曇りや雨の日でも、紫外線対策は必要であるということになりますね。室内でも紫外線を受けているのは驚きです。

また、UV-A波は実際に肌に当たってからその効果を発揮するまでに時間を要します。時間が経つにつれてじわじわとその影響を肌に現していきます。UV-A波が肌に与える影響は、内部までその波長が行き届くことにより、肌のハリや弾力を破壊し無くしてしまうこと。肌内部の組織にまで働くので、肌のシワやたるみを引き起こすとも言われています。長期間に渡って影響が続くのがUV-A波なので、日頃からの紫外線対策がとても重要であることが分かりますね。

 

・UV-B波

UV-A波と比べると波長が短く肌の内部深くまでは届かないのが「UV-B波」です。UV-B波は日傘でもある程度防ぐことが出来ます。日焼け止めを使えばなお良いですが、室内や曇りの日にはあまり体への影響は大きくないのが特徴です。UV-B波は肌に当たってから比較的早く効果が現れるとされているので、日焼けによって肌が赤くなったり、肌が黒くなるのはこのUV-B波が関係しているようですね。何も対策をせずに紫外線を浴びた場合に、目に見えてその効果が分かるのがUV-B波の特徴だと言えます。

 

 

日焼け止めのSPF数値とPAについて

日焼け止めには「SPF〇〇+PA〇〇」と表記されていますよね。これらのSPF数値とPAと呼ばれるものは、それぞれ上記で説明したUV-A波とUV-B波を防ぐ数値が表わされているもの。

UV-B波を防ぐ数値がSPF数値、UV-A波を防ぐ数値がPAの後の+の数で示されています。

SPF数値は10~50の間の数値で表記されいますが、数値が高いほど効果が高いというわけではなく、基本的にSPF1に対して20分ほどUV-B波を防ぎ、日焼けを送らせる効果があります。

PAは+の数でUV-A波を防ぐ量を表わしています。表記はPA+~PA++++までの4段階。UV-A波を防ぎたい場合は、このPAに注目してください。

日本で売られている日焼け止めのSPF数値とPAのMAX表記は、「SPF50+PA++++」となっています。

 

 

メンズ用日焼け止めをチェック

女性と比べて男性は皮膚が厚いのでシワやたるみも気にならないと、日焼け止め対策を疎かにしてしまいがちです。女性は季節によってSPF数値とPAが高いもの、低いもの、と日焼け止めの使い分けが必要ですが、男性用の場合はそこまで気にせずとも大丈夫。乾燥が厳しい冬の季節は紫外線を防止しつつ、しっかり保湿ができるものを選ぶのがおすすめです。

 

■おすすめのメンズ用日焼け止め

UVプロテクトジェル/プラウドメン

SPF50+、PA++++
ベタつかず、肌の上でさらりと伸びるジェルタイプ。保湿成分を配合で乾燥した肌を潤いを与え、肌荒れを防ぐ。

 

 

冬の乾燥する季節だからこそ紫外線対策は重要です。ウィンタースポーツやアウトドアな趣味をお持ちの方はとくに気にかけてみてください。日焼けはシミやシワ、たるみなどの予防にもつながります。しっかりと日焼け対策をして、いつまでも若々しい肌を手に入れましょう。

 

 

出典:美白男子の新時代