まだ間に合う!? 今から始める、早期乾燥ケア対策!

Pocket

まだ間に合う!? 今から始める、早期乾燥ケア対策!

 

鼻の頭がカサカサしたり、頬全体が白っぽく粉を吹いたり…。夏は脂っぽくて困ってたのに「俺の肌はどうなっているんだ!」なんてことありますよね?
これから冬にかけて本格的な肌の乾燥シーズンが訪れる前に、「乾燥の原因」と「解決策」を紹介します!

 

意外!?男性の乾燥肌の主原因はこれ!

①放置
②洗顔のやりすぎ
③基礎化粧品の使いすぎ

 

「放置」や「洗顔のやりすぎ」はなんとなくわかる気がしますが、基礎化粧品の使いすぎってのは意外!
言い換えればこの3つをやらなければ、乾燥肌にはなりません。乾燥肌は環境や季節によって受動的になっているものだと思われがちですが、多くの場合は能動的、つまり自分から乾燥肌になるよう進んでいるのです。一つずつ解説しています。

 

①放置

乾燥肌の症状を放置すると、悪いことしか起こりません。乾燥肌というのは、皮膚がこまかくペラペラとめくれている状態です(粉吹きで肌が白っぽく見えるのもこれが原因)。そのめくれている隙間からバイ菌が混入し、痒みや肌荒れの原因になります。対策としては後にまとめる保湿化粧品の活用や、部屋や仕事場の湿度環境を保つことが大切です。

 

②洗顔のやり過ぎ

洗顔は乾燥肌を改善させたり、重要な要素を持つものではありません。というのも洗顔は「顔の汚れを落とす」という目的でしかないからです(すごく当たり前ですが)。しかし、最近の洗顔料を見てみると「油分配合」「洗い上がりもっちり」「洗顔後化粧水不要」などと書かれているものが多いと思いませんか??洗顔に付加価値を付けて、消費者の目をひこうとしているのはわかりますが、「洗顔の目的」を決して忘れないようにして下さい。洗顔料に保湿成分を含めたとしても、基本的に保湿成分は水で落ちてしまうものですから、「洗ったあともっちり」というのは、水で落とせない油分が肌にまとわりついている、ということなのです。普通に言ってますが、これは科学的に見るととても脅威ですよ。油は時間が経てば必ず酸化しますから、洗顔後の肌を放置すれば酸化し肌を傷つけます。もちろん乾燥の原因にもなります。洗顔に多くを求めすぎず(基本的に洗顔料はこだわる必要ありません)、それよりも保湿化粧品の選定に時間やお金をかけるべきだと思います。

 

③基礎化粧品の使いすぎ

「①」で放置はいけないことだと解説し、保湿化粧品の活用を推奨いたしました。しかし、それは質の良い化粧品を正しく使って意味があるものです。例えば、保湿成分をまるで含んでいない化粧品や、保湿成分ではなく油分ベースの化粧品を塗りたくることは、その場しのぎにはなっても、肌に働きかける根本の改善にはなっていません。もちろんその場しのぎを目的に、化粧品の働きを分かって使っているのであれば問題はありません。化粧品は身だしなみを整えるための「お化粧」の働きも備えていますからね。

 

 

今から始める乾燥肌対策にもってこい!な優秀メンズコスメはこれ!

複雑なケアはちょっと…という方にもオススメな、シンプル&優秀なコスメを紹介いたします!

 

01_エイチファブコス / フェイスゲルクリーム モイスチャー 50ml

肌をしっかりと保湿+乾燥小じわを防ぐしっとりタイプのゲルクリーム(オールインワンタイプ)
肌を保湿し、乾燥による小じわなどを防ぐオールインワンタイプの美容クリーム。
しっとりしているのに、クセのない使用感は、普通肌、乾燥肌の方にすごくおすすめです。
ノンアルコール・ノンシリコン・合成着色料や動物由来原料不使用などこだわりのアイテム。¥2,052(税込)

 

02_クワトロボタニコ / ボタニカル ローション&アフターシェーブ 115ml

洗顔後、これ1本でOK。
「男性の4大肌トラブル」へマルチに働きかける
オールインワンなメンズ「エイジングケア化粧水*」
【高機能エイジングケア化粧水】
乾燥、皮脂トラブル、毛穴トラブル、ハリ不足へ働きかける。 清潔で健康的な好印象肌へ。
【オールインワン】
4種の植物エキスを配合。潤いとハリを与え、美容液・乳液の役割もこなすから、これ1本でOK!
【癒しの香り】
柑橘系ベルガモットにローズマリーをブレンド。リラックス&リフレッシュできる香り。
【優しく快適な使い心地】
とろみのあるローションが肌に素早く浸透して、肌表面はべたつかずストレスフリー。
スキンケア、MADE IN JAPAN、国産、115mL、約2-3か月分(毎日朝・晩使用)、乾燥肌、小じわ、乾燥小じわ、毛穴ケア、毛穴 化粧水、黒ずみ、ハリ不足。¥2,160(税込)

 

 

いかがでしたでしょうか? 本格的な乾燥シーズンが訪れる前に是非とも、自分に一番合うベストな乾燥肌対策を見つけられるといいですね。