仕事のパフォーマンスを上げる「質の良い睡眠」

Pocket

仕事のパフォーマンスを上げる「質の良い睡眠」

「午後の会議は決まっていつも眠くなる」、「就業時間中は仕事に集中できず、連日のように残業が…」
こんな経験ありませんか? 日中に襲ってくる睡魔や集中力低下の原因は、毎日の睡眠に隠されているかもしれません。今回は、睡眠と仕事のパフォーマンスの関係を掘り下げ質の高い睡眠のとり方についてご紹介します。

 

仕事のパフォーマンス低下は睡眠不足のせい!?

仕事やプライベートの予定に追われていると、つい睡眠時間を削ってしまうことはありませんか?
睡眠の時間が短くなったり質が低下すると、日中の体力や記憶力、集中力などのパフォーマンスが低下することがわかっています。満足に睡眠が得られていないことで前日の疲労がとれない上、体力や脳の働きを低下させて仕事に悪い影響を与えてしまうことも。さらに、連日のように睡眠不足が続くと疲労がどんどんと蓄積していき、質の高い睡眠がとりにくくなります。せっかく時間を作って睡眠をとっても、なぜかスッキリしない……このような悪循環が生じてしまうのです。

仕事効率を上げるには、睡眠中の“成長ホルモン”が大事!

1日の疲れを癒して体力を回復させ、記憶力や集中力をアップさせるためには、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」に注目すること。成長ホルモンは入眠後3時間、その中でもはじめの90分間に多く分泌されるといわれています。この時間に質の高い睡眠をとることで、体の疲労が回復し記憶力や集中力を高めることができるのです。
つまり、入眠後3時間に質の高い睡眠がとれれば、仕事の効率アップにもつながるといえます。
眠りが浅いという方は、寝る前にちょっとした工夫を取り入れて質の高い睡眠を目指してみては?

毎日の新習慣に! 質の高い睡眠のとり方

質の高い睡眠をとるためには、寝る前の行動や翌日の朝の行動にも重要なポイントが隠されています。
心地よい睡眠とスッキリとした目覚め、仕事効率アップを目指して以下の点に注意しましょう。

▶︎就寝1時間前には部屋の照明を暗くし、パソコンやスマートフォンなどの使用を控える
▶︎深酒や喫煙、カフェインの摂取を控える
▶︎就寝2時間前に入浴をすませておき、体をクールダウンさせる
▶︎部屋着ではなくパジャマに着替え、睡眠への心構えをつくる
▶︎朝起きたら太陽の光を浴び、体内時計をリセットさせる

また、リラックス効果の高いラベンダーや深い呼吸を促すウッド系のアロマオイルを寝室で焚いたり、遮光遮音カーテンを取り入れたりなど、睡眠をサポートするアイテムを使うのもおすすめ。

日々を充実させ、男性としての魅力をワンランクアップさせるためには、ご自身の睡眠を一度振り返ってみることが必須です。

睡眠が整って仕事のパフォーマンスが向上すれば、プライベートにあてる時間が増えるなどのメリットにつながります。
好きなことに時間が使えるようになると、内面外見ともに磨きがかかり男性としての魅力が自然と高まりますよ。

 

出典:メンズラクシア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です