“使い過ぎ”は悪影響!? 制汗剤の注意点

Pocket

“使い過ぎ”は悪影響!? 制汗剤の注意点

男性なら誰しも気になる汗のニオイ。特に夏場は汗をかきやすく周囲の人にクサイと思われていないか心配になりますよね?制汗スプレーやデオドラントシートなどの対策グッズでニオイを消すことに必死で使い過ぎてしまうことありませんか。制汗剤はニオイを抑えてくれますが、使い過ぎてしまうと肌にダメージを与えてしまうので要注意!

◆汗がにおうのは何故?

汗はカラダの「体温調節機能」がはたらいて出る正常な水分で体温を下げるために水分を出して蒸発させてくれます。汗をかくこと自体はカラダにとって必要なことですが、汗をかいてしばらくすると“雑菌”が増えていきます。その雑菌が“皮脂などと混ざって繁殖する“ことが「嫌なニオイ」の原因。汗の雑菌が増え、ニオイに変化するのは1時間~2時間と言われており、汗をかいたその時間内にこまめに汗をふき取ることで予防効果が見込めます。

 

◆制汗グッズを使う際の注意点

<制汗スプレー>

汗が出る量を抑えてくれる働きがありますが、汗が出てくる「汗腺」をふさいで抑えるためカラダには多少の負担がかかってしまいます。広範囲にふきつけると、“自然に汗が出る状態“をさまたげてしまうのです。

<汗拭きシート>

汗をふき取るとともに、“肌もこすっている”状態。あまりゴシゴシ拭くと肌にダメージを与えかねません。

<ロールオンタイプ>

効果の高い成分を肌に直接塗りつけるため、ワキの下の皮膚に負担がかかる可能性があります。また、男性の場合は処理していない“わき毛”が邪魔をして正しく塗れていないと効果も期待できません。

と、それぞれの使用環境によって一長一短というところ。ニオイ対策と言っても、ワキにまったく菌がいない状態はよくありません。いくつもの制汗剤を何度も使うと、肌に必要な「善玉菌」までもいなくなってしまいます。肌やカラダへの負担になるため“使い過ぎ”には注意しましょう。ニオイ対策に必要以上に敏感になるのはNGです。

 

制汗剤を使わずにケアするには、汗をかいたらこまめに濡れタオルでふいたり、汗をかいてもすぐに乾くようなインナー、消臭効果のあるインナーをチョイスすすのもいいかもしれません。

出典:Fine News!

 

「あまり汗をかきたくない。」これは現在では男女問わず思うことですが、“汗をかくことは自然なこと”でもあります。あくまでカラダに負担をかけすぎない「制汗対策」を心がけましょう。ご自身にあった対策を見つけて、臭わない夏の男を作りましょう!