印象ガタ落ち!残念な目の下のクマをケアする方法

Pocket

印象ガタ落ち!残念な目の下のクマをケアする方法

 

女性と違い、なかなかケアに意識が向かない男性の目の下のクマ。あまり気にしない方が多いかもしれませんが、そのクマのせいで知らずのうちに「不健康そうだな…」「暗そうだな…」という印象を周りの人に与えてしまっているかもしれません。そこで今回は、クマができる原因とその対処法をタイプ別に紹介。目の下が青く見える「青クマ」、黒く見える「黒クマ」など、それぞれの正しいケアを行って、明るい印象をゲットしましょう。

 

1.目の下が青くなっている「青クマ」タイプ

これを「青クマ」と呼び、目の周りの皮膚が薄く、静脈が透けて見えているタイプ。指で皮膚を引っ張ると、青い部分は多少薄くなりますが、なくなるわけではありません。

<青クマの原因>

・血行不良 冷え
・眼疲労 ストレス
・遺伝 皮膚の色が白い など

 

<青クマの対処法>

青クマは、睡眠不足の人に出来やすいタイプ。まずは睡眠をしっかりとるようにしましょう。寝る前のスマホもなるべく控えた方がベター。また、鼻根部の目頭やや上にある「晴明」のツボや、瞳孔の下のへこんだ辺りにある「承泣」のツボ、目じりとこめかみの間にある「太陽」というツボが、クマに効果があるとされています。マッサージやツボを押し、ホットタオルで目を温めるなどして血行を促してあげましょう。

 

2.目の下が黒くなっている「黒クマ」タイプ

 

目の下の部分が、黒っぽい影になって見えるタイプです。顔を上向きにして鏡を見ると、影が消え黒い部分は目立たなくなります。

 

<黒クマの原因>

・疲れや老化による目の下の皮膚のたるみ
・脂肪がついて皮膚が下がってきた
・骨格 など

 

<黒クマの対処法>

表情筋を鍛えて、たるみを解消させましょう。たるみには、レチノール配合のスキンケアがおススメです。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少している可能性も考えられるので、牛すじ、鶏手羽先、モツ、丸ごと食べられる小魚、皮まで食べられる煮魚など、積極的に摂取するのが良いでしょう。

 

3.目の下が茶色くなっている「茶クマ」タイプ

 

目の下が茶色く、皮膚を引っ張っても薄くならない「茶クマ」タイプ。このタイプは、目の周り全体にクマが広がってしまっている人もいます。

 

<茶クマの原因>

・色素沈着
・目を頻繁にこするクセがある
・洗顔時、皮膚をこすって洗っている
・皮膚アレルギーの人 など

 

<茶クマの対処法>

こちらのタイプは、皮膚を老化させないように対策をとるのが大事。ビタミンAやビタミンCなど、抗酸化物質を積極的に摂りましょう。また、夏だけではなく年間を通して紫外線対策をするのも効果的。

 

 

さて、あなたのクマは何タイプに当てはまりましたか? タイプ別の対策を日常のケアに取り入れて、周りに好印象を与えられる目元を手に入れましょう!

 

出典:美メンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です