大人ニキビを撃退!リンパマッサージの仕方

Pocket

大人ニキビを撃退!リンパマッサージの仕方

 

思春期を過ぎた大人の顔にできてしまう、厄介な「大人ニキビ」。放置すると炎症が進みニキビ跡になったり、シミになることもあります。そこで今回ご紹介したいのが、肌トラブル防止の効果があるとされている「リンパマッサージ」。このマッサージをすると、大人ニキビができやすいとされるフェイスラインのリンパの流れが促進され、老廃物を排出しやすい肌が作れるというのです。日常生活で簡単にできるマッサージを習得して、美肌を手に入れましょう。

 

1.大人ニキビの危険性

 

思春期のニキビが主に男性ホルモンと皮脂分泌量が急激に増加することでできるのに対して、大人のニキビは、より複雑な原因から起こるとされています。

その発症原因は、皮脂の過剰分泌に加えて、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の乱れなどがあげられます。それだけではなく、ストレスや睡眠不足、偏食など、生活習慣が悪化要因となっている場合も多いのです。大人ニキビを放置したままでいると、肌に『赤み』や『シミ』が残ってしまうほか、大きく膿んでしまうと、肌がデコボコの『クレーター』になってしまう恐れもあります。

しかし、今回紹介する顔のリンパマッサージを行えば、大人ニキビが解消される可能性は十分にあります。

大人ニキビは、顎や口周りなど、乾燥しやすいフェイスラインにできやすいのが特徴です。このフェイスラインはリンパの流れが滞りやすく、流れが悪くなると老廃物を排出することもできなくなるため、炎症が起きてニキビとなってしまいます。つまり、この部分のリンパの流れを促進させれば、ニキビの改善・予防にもつながるのです。

 

2.鎖骨、あご、頬、おでこの4カ所をマッサージ

 

リンパの流れを促進させることで、大人ニキビだけでなく、肌荒れ、肩こり、偏頭痛、冷え性、血行不良などにも効くと言われています。マッサージの具体的な手順は以下の通りです。

 

(1)鎖骨…鎖骨の上のくぼみの部分を指4本で軽く押さえ、左右に10秒ほど撫でます。その後、指を付けたまま顎に向かって上に移動させ、耳の下、耳の後ろの所まで優しく滑らせながら指を移動させます。完全に耳の裏まで移動したら、そのまま下に移動し鎖骨まで戻ります。これを4〜5回繰り返します。手首に力を入れないように優しく行うのがポイントです。ゆっくりと呼吸をしながら行ってみましょう。

(2)あご…親指の腹(指紋のある部分)をあご先に当て、そこから親指を耳の方に向かってフェイスライン上を移動させます。耳の下まできたら、人差し指と中指でチョキを作って耳を挟み、そのまま首筋を通って鎖骨まで撫でおろし、腕の付け根の所まで流します。これを4~5回程行ってください。

(3)頬…人差し指から小指まで4本の指を鼻の横・目の下の位置に置き、耳元まで真横に優しく滑らせます。これも4~5回行います。

(4)おでこ…人差し指から小指まで4本の指先をおでこの中央に当て、こめかみの方に向かって流していきます。これも4~5回行うようにしましょう。

3.敏感肌にはクリームやオイルを使ってスキンケア

 

顔リンパマッサージをする時は、肌に刺激が加わらないように力を入れず優しく行いましょう。クリームやオイルをつけることで、摩擦を軽減し肌に負担をかけることなくマッサージできます。また、清潔な状態で行うことも大切。風呂上りにやれば、血行も良くなっているので、よりリンパの流れが促進され、マッサージの効果も高まります。

 

マッサージは日常的に行うことで、効率的に効果が得られると言われています。

毎日のケアで、ニキビ知らずのすべすべ美肌を手に入れましょう!

出典:editeur