女性が惚れやすい“大人の色気がある男”とは。

Pocket

女性が惚れやすい“大人の色気がある男”とは。

色気のある男性って貴方の周りにも居たりしませんか。会社の先輩だったり、知り合いのお兄さんだったり…彼らは、なぜか性別問わず人を惹き付ける魅力を持っています。絶対的にモテる男の条件にも挙げられる「色気のある男」。内面から滲み出るホンモノの色気を放つ男の特徴と、9割の男が勘違いしている色気とは無関係な行為をご紹介します。

<大人の色気を放つ男に共通する、内面の特徴>

色気のある男は外見も重要だが内面が特に大事。根底にある内面が伴っていなければただの“色気のある男被れ”です。間違った方向に進まないように色気のある内面をレクチャーしていきます。

1. 仕事もプライベートも余裕がある

色気のない男は、いつも時間に追われています。逆に色気のある男ほどタイムマネジメントに長けていて、仕事でもプライベートでも常に平常心を保てる人ばかり。余裕があるから、聞き上手な人が多いという訳ですね!。もちろん暇ではなく“時間管理がテクい”というのがポイント。

2. 少しミステリアス

「掴み所がない、でもそれが良い!」と女性の心を捉えて離さないのも魅力のひとつ。“色気=ミステリアス”という訳ではありませんが、色気のある男ほど多くを語りません。謎めいた雰囲気を感じ「もっとこの人のことを知りたい」と興味をそそられるのです。

3. 物腰が柔らかい

色気のある男ほど、言葉遣いが綺麗でゆっくりと話す人ばかり。大声で話したり、乱暴な言葉を遣うなんて滅多にいません。物腰が柔らかい人ってすごく話しやすくて、つい女性も自己開示してしまうもの。物腰の柔らかい人には大人の余裕を感じます。

4. 自信に満ち溢れている

自信に満ち溢れた男ほど、色気オーラを放っているもの。仕事での成果、今ままで積み重ねてきたことすべてが全面に溢れ出ているのでしょう。女性なら誰しも頼りになる男性の隣を歩きたいと思っているんです。自信たっぷりの男って、同じ男性から見ても頼もしいですよね。

5. 自然とレディーファーストができる

気張らず“自然と”レディーファーストができます。ドアを開けてくれたり、さりげなく車道側を歩いてくれたり…恩着せがましくない、さりげない優しさが女心をくすぐるのです。見返りを求めない自然なレディファーストほど、カッコよく魅力的に見えます。

 

<それ間違ってます!色気と無関係な3つの行動>

色気のある男になるための行動に見えて、実は全くの無関係むしろマイナスに働く行為が存在します。実に9割近くの男性が「これで色気を出せている」と勘違いしがちな3つの行動を頭に入れておきましょう。

1. 香水のつけすぎ

いい香りを漂わせる男は大人の色気を感じさせますが、香水の使用量が余りにも多いと逆効果に。それではただの臭い人。いい香り=モテるではないので、良かれと思ってもつけ過ぎは控えましょう。

2. 自己開示しなさすぎ(ミステリアスぶる)

ミステリアスな男は色気があるからと言って、自己開示をしなさ過ぎもタブー。女性の質問に対して口癖のように「秘密」と言う男は逆に“プライドが高そう”、“何考えてるかさっぱり分からない”と女性にマイナスイメージを持たれてしまいます。

3. 過剰な筋肉自慢

男らしい身体つきに色気を感じるからと言って、過剰な筋肉自慢もNG。裾を捲った時にさり気なく見える筋肉や広い背中など。過剰に筋肉自慢をすると色気のある男からは完全に遠ざかりますので、程々に!

 

いかがでしょうか?

色気のある男の特徴や色気の出し方、徹底的に頭に叩き込んでみてください。大人の色気を身につければ、男女問わず周囲を魅了できる男になれます。小手先のテクニックに走らず、内面から色気や自信が溢れだすワンランク上の男性を目指しましょう!