実は間違っている!? 正しいリップケアをマスターしよう!

Pocket

実は間違っている!?

正しいリップケアをマスターしよう!

リップケアと聞くと女性のお手入れだと思っている方多いのではないでしょうか?

いやいや、今の時代そんな考えはもう古い!ケアしていない方がダサイとみられてしまうんです。

クライアントとの打ち合わせや彼女とデート、合コン…どんなときも清潔感を忘れてはいけません。特に唇は忘れがちな部分で、目につくパーツでもあるんですよね。

 

ここからは清潔感ある唇になる3つのポイントをお伝えします!

 

1.荒れる前に塗るのが基本!

リップクリームは、唇に潤いを与えて荒れを防ぐのが目的。当たり前ですが、荒れてから使っても遅い!唇が荒れてしまってからだとすぐには治りずらいので、唇が荒れていない普段からリップクリームで保湿ケアしておくことが基本中の基本。

使うタイミング間違えていませんか?

 

2.荒れた唇には医薬品のリップクリーム

乾燥により荒れてしまった唇は、荒れを治療する目的の「第3類医薬品」と表記されたリップクリームが効果的。こちらは医薬品の部類に入り、唇の荒れを治すのが目的の商品なのでややお値段は高めですが(汗)効果は期待できます!医薬品を使っても荒れが目立ってしまう場合は、はちみつやオリーブオイル、ワセリンを使った唇パックをオススメします。

<はちみつとワセリンの唇パック>

①蒸しタオルを準備し、唇に優しくあて数分くらい唇を温めます。

②はちみつとワセリンを1:1で混ぜたものを唇にのせます。

③ラップで唇を覆って、5~10分ほどパックします。

④ラップを外し、優しくふき取ります。

 

<はちみつとオリーブオイルの唇パック>

①蒸しタオルを準備し、唇に優しくあて数分くらい唇を温めます。

②オリーブオイルを唇にたっぷり塗ります。

③次に、はちみつを唇に優しくのせます。

④ラップで唇を覆って、5~10分ほどパックします。

⑤ラップを外し、優しくふき取ります。

 

10分以上ラップをかけたままにすると逆効果になる恐れがあるので、パックは長くやりすぎないでください。唇に刺激を感じたらすぐに中止し、パックを拭き取りましょう。

 

3.リップクリームの塗り方

よくやってしまいがちな横塗りは唇を荒らしてしまう原因でもあるんです。唇のキメに合わせて縦向きに塗っていくのがポイント。また、リップクリームが冷えている場合は、リップクリームの先端を温めて柔らかくしてから優しく塗りましょう。

塗りすぎも荒れの原因になってしまうので、“1日5回塗る”を目安にするといいでしょう。

 

細部までケアできる男性は女性の好感も高いはずです!簡単に、しかも手持ちのアイテムできるケアなので今すぐ始めてみてくださいね。

 

 

出典:スキンケア大学