意外!?な数字!男性の7割は美容に関心あり。

Pocket

reshutterstock_216134449
「美容なんて女性の特権」という風習がありましたが、最近は男性専用の美容グッズやエステ、雑誌やメディアでも男性の美容に関する内容が増えてきました。さらには、散髪やグルーミングなど男の身だしなみである基本的なことだけではなく、最近では女性でもなかなか手が出ないヒアルロン酸注射・歯のホワイトニング・シミのレーザー治療などを試す男性たちのリポートなども一般的になっているのです。

今回は、そんな男性の赤裸々な美容事情に迫ります。

 

男子も外見のコンプレックスに悩んでいる

reshutterstock_238401598

鏡に張りついて眉毛をカット、エステで肌を整えたり、ジムで体を鍛えたり――男性も美容への興味はもはや普通な光景として浸透しています。そんな姿を見て「男らしくない」と嘆く女子も多いですが、男性だって外見にコンプレックスがあるという点は同じ。もっとかっこよくなりたいという悩みをカバーするために、美容に関心を持っています。

 

 

明治時代以前の男性は、普通にメイクをしていた?

じつは古くから男性は化粧を楽しんでいたそう。昔はいわゆるアウトローな人がちょっと人とは違う差別化をメイクやファッションで表現していました。(花の慶次などわかりやすいですね)。化粧をしなくなったのは、明治時代になって強い男性像が描かれ始めてからだといわれています。長い人類の歴史のなかでは、男性がメイクをしなかったのは100年ほどあまり。最近は男女の壁がうすくなりつつ、ようやく男性の美容文化が復活しつつあるともいえますよね。

 

美容に関心ありな男性は約7割!

reshutterstock_286090550

ある情報サイトを運営している会社が行った男性の美容に関するアンケートでは、約7割の男性が「美容に関心がある」と答えたそうです。その割合は若いほど高くて、20代の男性は77%が関心を持っているのだとか。こうなると、もはや女子よりもキレイ化する男子が当たり前になりそう……。

 

 

実録、美意識高すぎる男の美容事情とは?

そこで、美意識が高そうなまわりの男性たちに「どんな美容ケアをしているの?」と話をきいてみることにしました。

 

彼女のをこっそり……

「彼女が使っているスキンケア(多分高いやつ)をこっそり使って。1回使ったら肌のハリツヤが全然ちがうので、自分用もゲットした」(25歳・会社員)

▽ 彼女や奥さんが使っている化粧品をこっそり使ってみて、自分もはまってしまったという意見はとても多いです。

 

歯もキレイにしたい

「人と接する仕事だから、歯をキレイにしたい。ホワイトニンググッズをいろいろ使っているけど、そろそろプロの手でホワイトニングも考えてる」(23歳・営業職)

▽ 自分より歯がキレイな男性……。ちょっと一緒に笑いたくないですよね。

 

若いといわれたい……!

「男性だっていつまでも若いといわれたい。アンチエイジングで有名な某化粧品メーカーのスキンケアを使い始めた」(35歳・メーカー勤務)

▽ シミ・シワ・ほうれい線――アラサー男子もエンジングサインに敏感な様子です。

 

内側からキレイになりたい

「内側から美をつくるために、野菜を多くとる、オーガニックにも興味があります。食べ過ぎた次の日は走る」(32歳・美容師)

▽ スリムな体型を維持するために、女子と同じく食べ物や運動不足にも注意している男性も。

 

シミはいやだ

「シミが増えてきたから、美白化粧品を買ってみた。あと帽子は欠かせない」(34歳・会社員)

▽ シミを気にする男性も。美白化粧品だけではなく、シミ消しレーザーを受けたいという方も多いそうです!
いかがでしょう?話をきいてみると、素肌をキレイにするための意識をしている男性は非常に多い! この結果を見ると「私よりも美意識高いじゃん!」とちょっとあせりますが、男性も美を意識するのは古代からのこと。カップルやご夫婦で一緒に美活を楽しむのもアリかもしれませんね。