正しい洗顔方法

Pocket

正しい洗顔方法

洗顔の正しい方法

洗顔の一番の目的は、肌の汚れ(汗、皮脂、ほこり等)をしっかり落とすこと。

洗った満足感を得たくてしっかり泡が立ってない状況にも関わらず、ついゴシゴシやってしまう事が多くないですか?
また、脂症と言うことで強力な洗顔料で余計に脂をとってしまうと、なくなった脂を
補おうと余計に皮膚から脂が出てしまって逆効果になったりします。(オイリースパイラルと言います。)

毎日やる事だから余計に細かい点に気を使って行きたいですよね。
洗顔をしっかりやることで、その後の化粧水や乳液の量も適量使うだけで十分になり、肌への負担も減ります。

 

1、泡

泡はしっかり立てないと洗顔してる意味がないと言っていいほど効果が無くなってしまいます。
泡は汗や皮脂、その他の汚れを包み込んでくれる役割を持っています。
とは言っても泡立てるのが面倒臭い、早く済ませたい。という方は、洗顔用のネットを利用すると簡単に素早く泡立ちます。
この際十分水も含ませて泡立てることがポイントです。

その他は、ポンプ式の洗顔でポンプを押すだけで泡になって出てくるタイプもおすすめです。

2、洗い方

よく泡立っていない状態でゴシゴシ洗うなんて論外です。
肌を痛めたり、シワやたるみの原因、又は洗顔料が皮膚に残って悪影響を及ぼします。

一度ぬるま湯で軽く洗います。それにより毛穴を開かせ安くし、汚れを落としやすくします。
※乾燥したまま洗顔をすると摩擦が起きやすい状況になってしまいます。

その後しっかり泡を作ってそれを顔全体に広げて顔を撫でるように優しく泡を転がすようにするだけ。
※おでこや鼻などゴシゴシしたくなりますが、同じように撫でるだけ。
ほんとに優しくなでるだけで十分なのです。

3、洗い流す

しっかり泡をつくって、洗顔できたら洗い流します。
折角よく洗えても泡が残っていたりすると逆効果!
ぬるま湯がお肌にとっては最適です。

冷た過ぎると赤ら顔や乾燥の原因。また熱すぎても皮脂を落としすぎてしまう。またお湯自体が刺激になったりします。

ゆっくり、しっかり洗い流しましょう。

4、時間

時間はぬるま湯で顔を濡らしてから洗い流すまで1分程度。
それ以上長くすると刺激や摩擦の影響が出てきてしまいます。

5、タオル

洗顔をきちんとすませたあとは、タオル。
こちらもタオルを顔に押し当ててゴシゴシやるのはよくありません。
なるべく擦らずに、タオルを何度もあてるように水分をとってください。
タオルは柔らかい素材がベストです。

6、回数

脂が気になるからといって、1日に何度も洗顔するのは良くありません。
あまり多いと肌の負担も大きくなるので、基本は朝夜1回ずつ。
夜は、1日の汚れが蓄積されているので、しっかり。
朝は軽めにして洗顔しましょう。

洗顔選びのポイントとしては、下記3点になります。

1、泡立ちの良さ

2、自然派由来成分が多く配合されていて、肌にいいもの。

3、香りの良いもの

メンズ洗顔