知ってて損ナシ。美容室・バーバーでのヘアオーダー!3つのコツ。

Pocket

reshutterstock_573810169

男性でも洋服のおしゃれと同様に髪型のおしゃれもとっても大事。
いざ、床屋や美容室に行っても、明確にイメージはあるけどなかなか思うように伝えられなれず「全然ちげーよ!」なんてこと、誰にでも一回はあるハズ。

そこで今回は、これさえ押さえれば間違いない美容室でのオーダのコツをご紹介して行きます。

 

 

①写真を見せてイメージを伝える!

reshutterstock_495311905

まずはイメージの写真を美容師さんに見せる頼み方からご紹介します。早速ですが、この写真を見せてイメージを伝えるのが一番のおすすめなんです!雑誌を持っていったり、切り抜きを持っていったり、携帯やスマホでイメージ画像を保存しておいてそれをみせたり、イメージできる写真さえあれば何でもいいのですが、とにかく写真を見せて美容師さんにも自分の着地点を確認してもらう事がとっても大切です。

 

■写真を見せるメリット

・写真によってお互いのイメージにずれが生じない。

・ゴールが見えている分、美容師さんもやりやすい。

・注文は最低限で済むため、お互いにとっても嬉しい。

 

実際に美容師さんも写真を持ってきてもらうとイメージがしやすいため、非常に助かるようです。

 

②口頭で説明してイメージを伝える!

reshutterstock_188084006

続いては口頭でイメージを伝える頼み方です。「説明するのが上手いから雑誌なんてなくても大丈夫!」「髪型なんて説明すれば分かってもらえるでしょ!」と自分の常日頃のプレゼン能力を見せつけるかの如く、美容室でも「トップは~で、サイドは~にして、襟足は~ぐらいで」などと言葉巧みに説明をします。しかしその説明以外と伝わっていないんです。。「マジで、美容師さんに理解力がないのではっ!」なんて思ったかたは要注意です。いくら理解力に長けている美容師さんでも「う~ん結局この人はどんな髪型やどんな雰囲気が好きなのかな??」と思ってしまうのです。やはり口頭だけで髪型のイメージを伝えてお客さんの好きなイメージ通りに仕上げるのは難しいものなのです。何回も通っていれば、このお客さんはどんな雰囲気が好きでどんなファッションが好きか美容師さんも分かってくるので、だったらこのお客さんにはこんな髪型だなってわかりますが、初めて行った美容院で簡単な口頭説明だけでは、自分の思っている髪型にはならない可能性が高いことも念頭に入れておきましょう。

 

■口頭で説明するメリット!

・写真やイメージ画像を用意する手間が省ける。

・コミュニケーションを図れば口頭での説明で納得のいく髪型にもなる。

 

美容師さんに全て委ねて「お兄さんにお任せしますっ!」なんてかたも実際にいらっしゃいます。何回も行っている美容院ならまだしも、初めてのお店で「お任せします!」は美容師さんは正直「えっ何を!」となってしまいます。お任せするのは長年通っている信頼を置ける美容師さんだけにしましょう。

 

③自分を知ってもらうことが一番大事!

shutterstock_422286940_2

さまざまな男性の美容院での頼み方をご紹介しましたが、最後に一番大事な事をお伝えします。「コミュニケーションをしっかり取る事が一番の頼み方のポイント」です!美容室に行ったら、美容師さんといっぱいお話しをしましょう。糸としては自分をできるだけ知ってもらう事がとっても大切だからです。初めて行く美容室でも、「自分らしい髪型にしてもらいたい!」「自分のイメージを最大限に理解してもらいたい!」なら、髪型を頼んだ後から実際に髪を切るまでの間にも、シャンプーをしたり、タオルで紙を拭いてもらっている時間などあります。そんなちょっとした時間ではありますが、積極的に髪型やファッションの話をしましょう。そうすれば、こんな雑誌をいつも読んでいるからこのお客さんはこんな髪型が好きなんだな!とファッションからでも髪型のイメージを高めていくこともできます。

そして何回もその美容院に通いつめれば、自分にあった髪型を今度は美容師さんのほうから提案してくれるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか!?
今回は「美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!」についてご紹介してきました。頼み方のポイントを抑えることはできましたか?美容師の方と積極的にコミュニケーションをとって、理想通りの髪型で毎日を過ごしましょう!