石坂将のメンズコスメQ&A ~Vol.1 香水の使い方

Pocket

mcosmejp_ishizaka_ttl

初めまして、フレグランスアーティストの石坂将です。

僕はフレグランス業界に入ってかれこれ約10年間、プロデューサーとして商品の開発やプロデュースをやり続けているのですが、様々な場所で講演やセミナーなどを行うと、香水の使い方を教えて欲しい、というリクエストをいただくことが多いので、今日は香水の使い方に関してです。

香りの重要性


使い方に入る前に、香りの重要性を少しお話ししておきますね。

うちの会社でも、香りが印象に与える影響をよくアンケートを取っているのですが、例えば、その人の香りが良いと第一印象が良い、と答える人は約9割もいるんですね。

自分のイメージや印象を演出するツールは数あれど、香りというのは、その中でも群を抜いて重要な要素だと感じています。

大げさな話ではなく、香りの印象が良ければ、その他の要素をかなり補う効果があると思っています。

逆に、どんなに素敵な洋服を着ていても、「臭い」と言われるような状態だと、あまりにも勿体無いのでは無いでしょうか?・・・

みなさんも思い出して欲しいのですが、他人の印象って、何を着ていたか、はあまり覚えていないですが、良い香りがしたか、もしくはそうでないか、は結構よく覚えていますよね?

香りの印象はそのくらい記憶に残りやすいので、男性の皆様、香りケアは重要課題です!

1029_38

使い方のポイントとは?


では、本題のどのように香水を使うのが良いのか?ちょっと話していきましょう。

実は、僕の開発したとても簡単で誰もがフレッシュ&セクシーになれちゃう香りの使い方があるので、それを教えちゃいますね。

僕の提案する使い方は、いわゆる、「レイヤードスタイル」という、香りを組み合わせる使い方になります。

「香りを組み合わせる」と聞くと、なんだか難しそうに感じる人もいるかと思いますが、下記の簡単なルールを守れば、誰でも簡単に取り入れることができますよ。

レイヤードスタイルは、簡単に言うと、洋服の香りと自分の体の香りを分けて演出することが肝です。

例えば、今みたいな少し寒い季節には、寒い季節にはコートやストールをよく香らせることがおすすめです。
オフィスや飲食店など、コートを脱ぎ着するときに、それが動くと香りが他人に伝わりやすいんです。

また、フレッシュな香りはコートの表裏に満遍なく振りまくのが大事。
そうすると全身がくまなく香るようになります。

この時選びたい香りの系統がいわゆるシトラス系です。

シトラス系の香りは、清潔感やフレッシュな印象を与えるのにうってつけなんですね。
また、シトラス系の香りはある程度の量をふりかけても、重たい印象にはならないので安心してバシャバシャ使えます。

そうすると、いわゆる、第一印象がフレッシュで清潔感のある香りの印象になります。

フレッシュで清潔感、日本では非常に重要なイメージですよね。

ただ、せっかく香りを使うのだから、もう一歩踏み込んで、セクシーな印象も狙いたい方は、ぜひ体にも香りを纏いましょう。

その際は、シトラスとは違う香りをチョイスします。

「え?違う香り?」と感じた方も多いからもしれませんが、そうなんです、ここで違う香りをチョイスするのが僕の考える、最も魅力を引き上げる香水の使い方です。

この時に、体につける香りは、少し奥行きのある香りを使うことがオススメです。
いわゆる、少しアンバー調のものや、ウッドの効いたものが良いでしょう。

また、体につける場合、手首や首筋といった箇所が王道の使い方で知られていますが、色っぽく香るようになるには《胴まわり》の胸元より下の腹部にしっかりとつけることが重要です。
そうすると、香りがこもって自分が本来もっている香りと混ざり合いながら首元から立ち上がってくるんです。

そうすると、第一印象は爽やかに、そして近づくとセクシーな第二印象に、という具体になり、印象に奥行きと魅力を演出できるんですね。

どうです?意外と簡単でしょ?

この使い方を取り入れて、香水の力を実感する人がかなり増えています。

この機会にぜひ皆さんも取り入れてみてください。