石坂将のメンズコスメQ&A ~Vol.2 ウッディノートの使い方

Pocket

mcosmejp_ishizaka_ttl

ウッディノートの使い方


いわゆる、勝負デートの時はどういった系統の香りが良いのでしょうか?
これは男性なら気になるところですよね。
なので、こういった質問をよく聞かれるんですが、正直、回答に毎度困っています。。。
なぜなら、初めてのデートなのか、何回か逢瀬を重ねた後なのか、で変わってくるからです。

フレグランスアーティストとして、様々な香りを製作してきた僕ならではの、これを覚えておけば大丈夫!という香りの使い方に関する簡単なルールをお伝えしますね。

清潔感を出したいなら、シトラスノート


初期段階では、まずは清潔感を演出しましょう。
清潔感を演出するためにはシトラスノートがうってつけです。
また、香水初心者の方も安心して使える香りが多いので、選びやすいと思います。
話はずれますが、いわゆる石鹸の香り、というのは実は大半がシトラスベースの香りで作られているんですね。
そういった背景もあって、日本ではシトラス = 清潔感、という印象につながりやすい傾向があります。
また、日本は他の国と比べて、清潔感にかなりの重きをおく国民性があるので、人間関係の初期段階で清潔感のある印象を
相手に抱いてもらう、というのは非常に重要なポイントです。
あまり子供っぽくなく、高級感や大人っぽさを感じさせる仕上がりのシトラスノートがオススメです。
なので、僕の考えとしては、初期段階はこういった香りを使っておけば、まず間違いないかなと思います。

しかし、そんなシトラスノートも、実はそれよりも踏み込んだ印象を演出するには少し物足りなくなってくるんですね。

そこで登場してくるのが、ウッディノートの香りです。
こういった香りは男性らしさを演出するのにはうってつけの香りです。
いつの時代も女性は男性に頼れる男らしさを求めます。
そして、そんな印象を香りで演出しようとすると、ウッディノートが良いんです。
しかし、このウッディノート、使い方が難しいんですね。。。。
使い方を間違えると、いわゆる「おじさんの香水の匂い」に直行します。

おじさんの匂いと言われないためには、つけ方が重要


ではどのように使うのが良いのでしょうか?
こういった香りを使う場合の鉄則は、「なるべく体の内側に少量をつける」です。
いわゆる洋服に香りがつくような使い方はやめましょう。
つけるなら胴回りや胸回りに少量で大丈夫です。
私たちは人間ですから皆それぞれに体臭は少なからず持っているんですね。
その体臭と洋服の中でブレンドされることで、ウッディノートの香りはフェロモン効果のある色気を覚醒させるんですね。

そして、同時にオススメなのが、ウッディ系の香りはクリームなどで纏うのもオススメです。
ウッディノートは、スプレータイプよりも、クリームや練り香水など、より固形物に近づく処方の方が香り立ちが柔らかくなり、
スプレーではでてこない、優しさに似た印象を内包し始めるんですね。
こういった香りをうまく使いこなすと、色気が一気に演出されます。

いつもよりも距離を縮めたい時、そして男らしさや頼れる印象を演出したい時はウッディノートを使ってみましょう。