秋の始まりの日焼け対策こそ、メンズモテ肌のカギ!

Pocket

秋の始まりの日焼け対策こそ、メンズモテ肌のカギ!

 

 

夏の日焼けはヒリヒリと痛いし、歳を重ねるとどんどんシミになり本当に困りモノです。
「でも、もう夏も終わったし日焼け対策は来年でしょう!」なんて思っている方1
行楽シーズンの秋こそ日焼け対策が超重要なのです!

■真夏の7割程度の紫外線が降り注ぐ「秋」

7~8月の真夏しか日焼け止めを塗らない人が多いですが、実はこれは正しくありません。年間を通してみると真夏に紫外線が最も多いのは確かですが、9・10月でももちろん紫外線は降り注いでいます。

 

どれくらいの紫外線が降り注いているかというと、実は真夏の40~70%に相当する量です。特に、秋は行楽シーズンなので外出する機会が増えますね。たとえ、紫外線の量が真夏の半分であったとしても、2倍長い時間にわたって太陽の下にいればダメージは同じです。しかも日焼け止めを塗っていなかったら、皮膚へのダメージはもっと大きくなります。

 

シミやしわ・たるみといった皮膚の老化現象がどれくらいのスピードで進行するかは、その人が浴びた紫外線の総量で8割がたが決まります。紫外線が皮膚のDNAにダメージをあたえ、コラーゲンを破壊し、シミ・しわの原因になるからです。
たとえば真夏の昼間ですと、一日3分間以上紫外線を浴びてしまうと、皮膚の老化が進行するといわれているんです。

肌のコンディションだって立派な「男の身だしなみ」と考えれば
「ひと手間ケア」必要!


プラウドメン / UVプロテクトジェル

SPF50+、PA++++で、紫外線から肌をしっかり守りシミ*をつくらせません。
さらに5種のスキンケア成分※配合で、日差しで乾燥した肌を潤いで満たし、肌荒れを防ぎます。
ベタつかず、肌の上でさらりと伸びるみずみずしいジェルタイプで、サクッと肌に馴染ませればOK。¥1,944(税込)

※保湿成分 *日焼けによるシミ

 

 

日焼けのカサカサ肌を予防して、今年の秋は「モテ肌」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

出典:スキンケア大学