粉ふき、ヒビ割れ、小ジワを防ぐ!冬の乾燥肌対策

Pocket

粉ふき、ヒビ割れ、小ジワを防ぐ!冬の乾燥肌対策

肌カサカサしてヒビ割れしたり、白っぽく粉を吹いたり。夏は脂っぽくて困るのに、冬になると乾燥した肌に急変…。乾燥が気になり始めると、つい化粧水を変えたり、プラスのケアをしたりしてしまいがちですが、冬の乾燥は肌が環境に適応しているだけで、スキンケアを特別に変えたりする必要はありません。乾燥、ベタつき、などの感覚でスキンケアをその都度変えるのではなく、暑くても寒くてもスキンケアを変えないことが大切です。

年間を通してスキンケアの基本は「保湿」。その「保湿」は「油分」によるものではありません。乾燥肌の基本と乾燥肌の対策のキモ「保湿」についてご紹介します。

 

男性の乾燥肌の原因とは?

・症状の放置

・基礎化粧品の使いすぎ

・洗顔のし過ぎで乾燥を誘発

言い換えればこの3つをやらなければ、乾燥肌は防げるということ。乾燥肌は環境や季節によって受動的になっているものだと思われがちですが、多くの場合は能動的、つまり自分から乾燥肌になるよう進んでいるのです。

乾燥肌対策はとにかく「保湿」

乾燥の原因は、肌の水分を保持する保湿成分(セラミド)が不足しているために起こります。保湿成分を肌に取り込むことで、とりあえず肌が回復のベクトルになります。乾燥肌の方が保湿成分を含んだ化粧品を使用していなかったり、肌の上にとりあえず油(乳液)を塗っているだけだったりするからです。また化粧水には保湿成分がほとんど含まれていません。

油分というのは保湿を担う角質層の更に上にあるもの。赤ちゃんのような自然な水分を含んだ肌(潤った肌)が油分を必要としなくてもプルプルなのは、油分が保湿を担っていない証拠です。細胞間脂質(角質層)を潤す保湿成分(セラミド)が足りなくなると、紫外線などの外的刺激が顆粒層に入り込み、肌が傷つけられてしまいます。

そこで、保湿成分(セラミド)が満ち足りていれば、角質細胞は適切に機能し潤いを保ち、肌が乾燥や紫外線に耐えることができます。

美容液で乾燥対策を!

本来、水と脂質が結合することはありえませんが、保湿のカギと言えるセラミド(保湿成分)は水と結合し、あらゆる環境下においても水を離しません。これが肌の潤いをキープする仕組みであり、美容成分の中でも非常に高価で「最強の保湿成分」と言われるほど。またセラミドは体内での生成が難しく、食事から摂取することもできません。化粧品によってのみ得ることができます。水溶性の物質ではないため化粧水には含まれておらず、美容液・乳液にのみ配合されています。

本当に効果のある保湿成分は非常に限られています。乾燥対策で化粧品をを選ぶ際は、とくに美容液の保湿成分をチェックしてみてください。

乾燥肌対策で重要なのはとにかく保湿!ということです。乾燥が気になる冬の季節だけでなく、一年を通して保湿を意識したスキンケアを心がけてください。

出典:メンズコスメラウンジ