肩こりや頭痛に効く!「シャワーお灸」とは

Pocket

肩こりや頭痛に効く!「シャワーお灸」とは

 

毎日のデスクワークで蓄積された辛い肩こりや頭痛。マッサージや整骨院に行きたいけれど、なかなか時間が取れない方も多いと思います。そこで今回オススメしたいのは、自宅のシャワーで簡単に取り組むことができる「シャワーお灸」。入浴のついでに、熱いシャワーをある部位に当てるだけで、肩こりや頭痛に効果があるとされているそのやり方を紹介します。

 

●シャワーお灸のやり方

具体的なやり方は以下の通りです。

1.入浴時にシャワーヘッドを壁にかける(あるいは手に持って後手で構える)。

2.シャワーヘッドに向かって後ろ向きに立ち、シャワーのお湯が尻の割れ目のてっぺん(仙骨のある個所)に当たるよう調整。

3.心地よい湯温にしてから仙骨に湯を当て、10~15秒そのまま。

4.シャワーの湯温を「少し熱い」と感じるくらいに上げ、また10~15秒の間、仙骨に湯を当てる。

5.また湯温を少し上げ、4を再び行う。「熱いけど、耐えられる湯温」(44~47度)になるまで、この手順を繰り返す。

6.「熱いけど、耐えられる湯温」に行きついたら、バスタブや壁に手をつき、少し臀部を突き出した格好になり、仙骨へのシャワーを30~60秒続ける。

 

●行う際のポイント、注意点

効果をアップさせるためのコツと注意点を紹介します。

・仙骨を意識し、余計なことは考えない

・シャワーお灸の後に全身にシャワーを浴びたり、湯船につかってはいけない

・終わったら浴室を出て、すぐに服を着ること。

・終わったら浴室を出て、すぐに服を着ること。

アルコールが回りやすくなるので、シャワーお灸の前後の飲酒は控える

・熱があるときやケガをしているときもNG

 

シャワーお灸の効果は、冷えからくる頭痛・肩こり軽快のほかに、自律神経の安定化によって「だるい」や「気分がすぐれない」といった不定愁訴や不眠の改善、免疫力の強化、スポーツの前のケガの予防が挙げられます。

効果が目に見え始めるのは、症状によって、即時~数日以内のこともあれば、2週間~1か月とばらつきはあるようです。

 

 

肩こりや頭痛に悩んでいる人は、入浴の際にぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

忙しい毎日を多くる肩におすすめしたい、「シャワーお灸」の紹介でした。

 

 

出典:Men’s Beauty