脱・汗臭男で夏を乗り切ろう!

Pocket

th_sweat-1576382_640

脱・汗臭男で夏を乗り切ろう!

 

気温30℃超えの時期に気になるものといえば・・・汗ですよね。汗は体温を調整するうえでなくてはならない機能ですが、”面倒だから、男だから”と言い訳をしてケアせずにそのまま放置していませんか?ケアしていないとツンッとした異臭が発生して、冷たい目で見られてしまうこともあるんです!そんなことが起きないよう、しっかり汗ケアを始めて清潔男子を目指しましょう!

 

まずは、汗について学んでいきましょう。

汗は体温を調整するために出るもので、汗腺から水分を出しその水分を空気中に気化させることで、熱を蒸発させているのです。通常の汗はエクリン腺という汗腺から出てきます。このエクリン腺から出る汗は、最初から臭うわけではありません。 ケアせずに時間が経って、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、体臭が徐々に発生してしまうんだそう。なので、汗をかいたからってすぐに臭うわけではなく、その後のケアが重要なポイントとなってくるんですね!

 

ここからは、体臭を発生させない3つのケア方法をご紹介します。

①汗の正しい拭きかた

th_david-cohen-127022

 

汗に雑菌が繁殖して体臭へと変化する時間の目安は1~2時間なので、その時間ごとに汗をタオルで拭きとると臭いを抑えることができます!ただし、乾いたタオルで汗を拭きとるのはNG! 乾いたタオルを使うと、肌表面の汗をすべて拭きとってしまうことになり、乾いた肌を再び潤そうと余計に汗が出てきてしまいます。拭けば拭くほど汗が出てしまうという、負のサイクルに陥ってしまうようです。

正しい方法は、タオルを一度濡らし固く絞ってから使用しましょう。適度に水分が残り、肌の汗がすべてなくなってしまう状態を避けることができるんです。

 

 

②制汗剤を使う

th_keit-trysh-167890

市場にはたくさんの制汗剤があるため、どれを選べばいいか分からない人も多いはずです。間違ったものを選んでしまうと期待していた効果が発揮しないことも・・・!?そんなことがないように、下記のポイントを押さえておきましょう。

・制汗剤の種類は、自分の体臭の強さによって選ぶようにする。

・ワキガの強さも選ぶポイントになります。強いワキガの認識がある方は、軟膏やスティックタイプのもので殺菌作用が強いものを選んでみましょう。

・中程度ならスプレータイプのものでOK。体臭の種類がワキガでないのであれば、制汗シートで定期的に拭き取るくらいでよいでしょう。

 

 

③制汗剤を使う時の注意点!

制汗剤を使う際、必要以上に塗らないようにしてください。複数の制汗剤を塗りすぎると減菌状態になり、肌に必要な善玉菌まで死んでしまいかえって臭いが強くなってしまうことがありますのでご注意を!

また、全身に制汗剤をつけることもオススメできません。制汗剤は、汗腺をふさいで汗を抑えるため身体に負担がかかっています。その為、ワキや足など、特に臭いが気になる部分だけ限定して使用するようにしましょう。

 

今の時代は清潔感のある男性が好印象なので、こまめにケアをしておきましょう。

 

出典:スキンケア大学