髭剃り後のアフターケアこそ、モテ肌の鍵!

Pocket

髭剃り後のアフターケアこそ、モテ肌の鍵!

 

 

髭剃りは毎日おこなう身だしなみの基本の”基”。

しかしながら、カミソリ負けやシェービング後の乾燥に肌荒れなど、髭剃り後のアフターケアで悩む人も多いのが現実です。

そこで、今回は「髭剃り」と「髭剃り後のアフターケア」で押さえておきたいポイントをレクチャーします。

 

髭剃り後の肌はとってもナイーブ

髭を剃ると、髭と一緒に肌の角質もカミソリで削り取られてしまうため、たとえ正しい方法で髭を剃ったとしても、肌はどうしても傷ついてしまいます。角質層には、肌表面の水分を保持する働きがあるので、削られると肌は乾燥しやすくなります。髭剃り後の肌がカサついたり、ヒリヒリしたり、赤みがでるのはこのためです。また、角質が削られると、肌のバリア機能も弱まります。これにより、細菌が侵入しやすくなるので、髭剃りによる傷口から菌が体内へ入り込み、毛嚢炎(もうのうえん)やニキビなどの炎症を起こす危険性も高まります。

このように、髭剃り後の肌はとても敏感な状態です。忙しくて時間がなくても、髭を剃った後には必ず適切なアフターケアを施しましょう。

 

 

髭剃り後に必要なアフターケア

髭を剃り終わったら、まず肌についているシェービング剤や髭を洗い流します。不純物が肌に残らないよう、ていねいにすすぎましょう。冷水で洗顔すると毛穴がキュッと引き締まるので、かゆみや赤みを抑えることができます。

洗顔後は、化粧水やアフターシェーブローションをつけて肌を整えましょう。ただし、アフターシェーブローションにはアルコール成分を含むものが多いので、爽快感はあるものの、髭剃り後に使うとヒリヒリと痛みを感じる場合があります。敏感肌の方は、アルコールフリーの化粧水を使うことをおすすめします。

一般的に、男性は女性よりもスキンケアに対する意識が高くないため、洗顔後は何もつけない、もしくは化粧水だけつけておしまいという方が多いと言います。しかし、化粧水だけで終えると、肌の水分はまたすぐに蒸発して乾燥してしまいます。そのため、乳液や美容液でフタをして、しっかり保湿してあげることも大切です。乾燥肌の方は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど、保湿効果のある成分が含まれた化粧水や乳液を使うとよいでしょう。塗る時は、手の平を使って肌になじませるようにつけるのがコツです。はたくようにつけるのはよくありません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

アフターケアは、髭剃り後の肌のコンディションをよくするだけでなく、次回髭を剃るときまで肌をよい状態でキープしておくためにも大切です。今までしてこなかった方は、明日からでもすぐに始めることをおすすめします。

 

 

出典:メンズスキンケア大学