ヒゲをカミソリで剃る正しい剃り方とは?

Pocket

ヒゲをカミソリで剃る正しい剃り方とは?

今やっているヒゲ剃りは正しい剃り方ですか?自分流でやっている方が多いと思うので、肌荒れしたり、血が出てしまったりする時があると思います。今回はキレイに剃るための5つのポイントをご紹介!
剃る前の工程や剃り方、アフターケアなど、印象を左右する肌だからこそきちんとケアして清潔にしておきましょう。

 

<まずは、自分のヒゲの生え方を知る。>

キレイに剃るためには自分のヒゲの特徴を知っておくことが大事です。この部分はどの方向に生えているのか、というのが分かっているとカミソリの動かし方も変わってくるので、鏡の前でまずリサーチをしましょう。
ここから正しいヒゲの剃り方をレクチャーします。

 

<①ヒゲを蒸したりお風呂で温めて柔らかくする>

ヒゲの濃い人は特に大事な作業。ヒゲは水に濡らすだけでも柔らかくなりますが、お湯や熱いタオルで温めるとさらに柔らかくなるのです。
ヒゲを柔らかくすることで、カミソリへの抵抗が少なくなるので肌に負担をかけずに剃ることができます。さらに抵抗が少ないとカミソリの刃も傷みにくいので長持ちしやすくコスパも◎。
面倒くさがらず、しっかりお肌を温めて剃ることで肌荒れやカミソリ負けを無くしましょう。

 

<②シェービングクリームをつける>

しっかりとお肌を温めたらシェービングクリームや、シェービングジェルを塗ります。
剃る部分にはたっぷり塗っておくこと。カミソリの摩擦が減らせるので、肌が傷みにくく、剃りやすくなります。

塗る順番は
1、首周り
2、あご周り
3、口の周り
4、頬

 

<③軽く優しくヒゲを剃る>

力を入れずカミソリの重みで剃るイメージ。力を入れると肌が傷んだり、吹き出物などをひっかけやすくなり血が出やすくなります。
剃り始めた時にお肌がピリピリしたり、カミソリを通したのにヒゲが残ったり、抵抗が強い場合はカミソリの刃が切れていないという事。そういう感覚があれば、替え刃の交換を。

▼剃り方の種類
【順剃り】
ヒゲの生えている方向と同じ向きに剃る。

【逆剃り】
ヒゲの生えている方向と反対から剃る。
逆剃りをする時はヒゲと正反対に剃らず角度をつけて剃ると傷みにくい。

 

<④刃をこまめに洗う>

ヒゲ剃りの途中でカミソリの刃と刃の間にヒゲの剃りカスやシェービングクリームなどが詰まります。
この剃りカスや皮膚についている汚れ、シェービングクリームなどが詰まったまま剃り続けると、カミソリの刃の寿命は短くなりますし、皮膚も傷んでしまいます。
詰まらないようにこまめに洗いながら剃ることもポイント。

 

<⑤剃ったあとは肌のお手入れをする>

ヒゲ剃りの後のお肌のケアはとても大切。いくら優しく剃っていても刃物を皮膚に当てるのでダメージを受けています。
水で顔を洗った後、アフターシェーブローション、保湿液や乳液などお肌を保護するものを塗っておきましょう。
顔のアフターケアも大事ですが、カミソリのお掃除も忘れずに。詰まりをキレイに洗い流し、タオルで水分をふき取り、湿気の少ないところで保管しましょう。そうすることでカミソリが長持ちしますよ。

 

いかがでしたか?
正しいヒゲ剃りを行うことによって、若々しい健やかな肌を保つことができます。肌が荒れやすいという方、ぜひ参考にしてヒゲ剃りしてみてくださいね。

 

出典:SEVEN