思春期とは違う!? 中年ニキビのケア方法

Pocket

思春期とは違う!? 中年ニキビのケア方法

ニキビといえば思春期の悩みというイメージが強いが、実は40歳を超えてからニキビが増えはじめる男性は意外と多い。10代場合とは異なり、ストレスや食生活の偏りなどの生活の乱れが影響する中年ニキビは、肌の老化にも影響を及ぼすというから注意したいところだ。40男を悩ませる中年ニキビケアについてアドバイスいたします!

<中年ニキビは、生活の乱れが原因?>

思春期ニキビと中年ニキビの大きな違いは、ニキビができる部位。思春期にはおでこから頬、コメカミなど顔全体に発生しますが、中年になると顔の下半分、とくに口まわりやアゴなど髭が生える部分にニキビができます。放置しておくと、シミになったり毛穴の開きの原因となります。そんな中年ニキビが発生する原因は4つ。ストレス、紫外線、睡眠不足と食生活の乱れです。40代でニキビができるということは、スキンケアが間違っているか、この4つのうちいずれかに問題がある可能性が高いんです。
ニキビの原因となる生活習慣を改善し、ニキビ予防を意識することが大切です。ストレスによるホルモンバランスの崩壊は、皮脂の分泌を増やして毛穴が詰まってしまうことも。40代男性には難しいとは思いますが、上手にストレスを回避・解消をしてください。

 

<食生活を変化させれば肌の状態もグッと改善!>


肌を老化させる食生活の乱れは、ビタミンCなどの抗酸化成分の豊富なトマトなどの野菜を食べて改善できます。そのほか、食物繊維が豊富な納豆・山芋などのネバネバ類、ワカメやひじきなどの海藻類も腸内環境を整えます。『腸が汚いと、肌が汚い。腸がきれいならば肌も自然ときれいになってくる』ということを頭に叩き込んでください」

 

 

<肌を清潔に保つことが先決>


実際にニキビができた場合には、まず洗顔をしてください。肌を清潔に保つことはニキビ治療の土台となります。洗顔料はニキビを刺激しない低刺激なものを選び、泡立てネットでしっかり泡立ててやさしく顔を洗いましょう。ゴシゴシ洗いは皮膚を傷つけ、ニキビや肌トラブルの原因になります。すすぎやタオルのふき取りもやさしくおこなってください。
洗顔後、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。肌の乾燥は皮脂が過剰に分泌されてニキビができるだけでなく、肌の新陳代謝を妨げます。
いかがでしたでしょうか?

40代のニキビは生活の乱れを表す体の内側からのサインでもあり、肌のサビつきを進行させ、見た目の老化の大きな原因となります。皮脂よごれや紫外線のダメージのみならず、体の“内側からの老化”が、外見に現れると言っても過言ではありません。そのため、スキンケアという“外側からのケア”はもちろん、食生活や睡眠など “体の内側”のケアも、ニキビの予防だけでなく見た目のアンチエイジングのためにもとても大切なことです

 

出典:editeur