春の季節の変わり目が一番荒れやすい!肌の対策

Pocket

春こそ肌荒れしやすい季節。乾燥肌は保湿方法に秘訣あり!

冬の季節も終わり、過ごしやすく暖かい春の季節になってきましたね。ですが、肌のほうは季節の変わり目についていけずに荒れたままの状態であったり、春先の花粉症で鼻をかんで鼻下が痛かったり、乾燥したりという方が多いのではないでしょうか?

今回は、肌が荒れやすい春のスキンケアの重要性や、肌荒れの原因、スキンケアのポイントについてご紹介します。

 

<春のスキンケアが大事なワケ>

冬に荒れてしまった肌をそのままにしておくと、肌が季節の変化についていけずに刺激に敏感になり、花粉やPM2.5の影響を受けやすくなってしまいます。そして春は一年を通して最も紫外線が強く、湿度は冬より少し高い程度で満足な湿度とはいえないので、一年の中で最も肌荒れしやすいといっても過言ではありません。

また春は新年度として環境が変わり、新しい人との出会いが多くなるので精神的に不安定になり、ホルモンバランスが崩れてニキビ、吹き出物が出やすい時期です。そんな中、初対面の人との第一印象を良くしたいというのは誰もが思っていることだと思います。

季節性敏感肌になりやすい人は以下に当てはまる人が多いようです。

・春先など、限定された時期にのみ肌が荒れる

・主に顔の頬、目の周りにかさつきがでる

・良く外に出ていて、肌を露出する部分が多い

・紫外線に弱い体質

・睡眠不足

・ストレスをため易い

特に花粉症による肌荒れを花粉症皮膚炎といい、露出しているあご、首などに炎症が起こるようです。

花粉シーズンでも負けない肌作りをここからご紹介します。

 

<春の肌荒れ対処法>

肌の角層が剥がれないよう維持しつつ、皮脂を落とし過ぎないようにすることが肌ケアでは大事になります。それでは肌荒れに対処するためにスキンケア製品の選び方を紹介していきたいと思います。

①冬からの乾燥肌には保湿成分が多いスキンケアに

冬の乾燥を引きずった肌を治すには、肌の角層に水分を保持させ「バリアする機能」や「保湿する機能」を正常化させる事が大切。角層の水分の約50%を占めている「セラミド」といった保湿成分を多く配合している商品を選ぶのが良いでしょう。

②敏感肌になりやすい春は刺激が少ないスキンケアを心がける

スキンケア製品には合成添加物が入っているものがあります。合成添加物は保存料として製品の劣化を防ぐために必要なものですが、配合量が多いと刺激が強く肌に大きな負担を与えてしまいます。できれば肌への刺激が少ない天然由来成分のものを選ぶというのもいいでしょう。

▼オススメ化粧水

レテン leten モイスチャーウォーター 150ml しっとり化粧水

カサつきがちな肌に、たっぷり潤いを与える化粧水。コメセラミド配合なので肌の角質層まで水分補給をし、しっとり潤うのにベタつかずさらりとした仕上がり。敏感肌でも使いやすいアルコールフリー。

PROUDMEN プラウドメン グルーミングモイストウォーター グルーミング シトラス 200ml

実は乾きやすい男の肌を内部からしっかり潤すのに、肌表面はさらさらの仕上がりのアイテム。スキンケア後のベタつきを嫌う男性でも使いやすい使用感!さらに温泉水100%配合により肌にやさしい成分でできており、髭剃り後や洗顔後にそのまま使用できるので、敏感肌の方も安心して使用できます。
保湿力が高いため、これ1本で洗顔後のケアはOK。

 

冬で傷んだ肌の回復には、春の正しいスキンケアが何よりも重要になってきます。肌荒れは単にひとつの原因から来るのではなく、食事やストレス、喫煙などさまざまな原因があります。まずは、自分に合った正しい肌ケア製品選び、スキンケアを覚えて肌荒れを根絶しましょう!

 

 

出典:@MOTE肌