最近なんだかパッとしない…それ、"くすみ"のせいかも!

Pocket

最近なんだかパッとしないそれ、"くすみ"のせいかも!

 

 

まず"くすみ"と聞いても、どんな状態を指すのかいまいちピンときませんよね。くすみとはお肌の透明感やツヤがなくなっている状態であり、黒っぽく暗い印象を与えるような症状のこと。 このくすみが現れることによって、老け顔や疲れ顔といった印象を招いてしまいます。

ニキビや肌荒れは明らかな症状が出るためすぐに気づきますが、くすみは日々きちんとお手入れをし、注意深く肌を観察していないとなかなか自分では気づくことができません。「最近なんだか肌が暗くてパッっとしない」、「老けて見られるようになった」という人は、お肌がくすんできているのが原因かも。自分の肌がくすんでいるのかどうか、確認する方法は一度くすみを"抜いてみる"こと。くすみが抜けてはじめて「じぶんの肌がくすんでたんだ!」と実感できます。今回はくすみの原因と解消方法をチェックしていきましょう。

 

 

肌がくすむ原因と改善方法

①乾燥

くすみの代表的な原因は乾燥。特に男性の肌は女性に比べて水分量が圧倒的に少ないため、しっかりと対策していなければいけません。肌が乾燥するとカサカサで暗い印象になってしまいます。また潤い、ツヤ、透明感、ハリが失われ、肌がくすんでいるように見えるのです。 乾燥への対策は、とにかく保湿! 特に最強の保湿成分とも言われている『セラミド』を配合しているコスメがおすすめ。乾燥はあらゆる肌トラブルに影響するため、まずはしっかりと保湿ケアを徹底して行うことが重要。保湿さえしっかりとできれば、肌のトーンもグッと良くなりますよ。

②肌の汚れと角質の蓄積

毎日の習慣である洗顔もくすみには大きく影響してきます。毎日顔を洗っても、きちんと汚れをオフしなければその汚れが蓄積されて、より落としにくくなる角質などが溜まっていってしまいます。古い角質が溜まっているときは、肌はツヤと透明感を失い、暗い印象になります。毎日の習慣だからこそ、適当に済ませずに丁寧に洗顔することを心がけましょう。ポイントはたっぷりの泡で優しく洗うこと。角質の除去にはピーリングケアがおすすめ。最近ではメンズ用のピーリングコスメも出てきているので、チェックしてみてください。ただし、洗顔もピーリングもやりすぎは禁物です。

③血行不良 

血行が悪いときは顔は青く暗い印象になり、ハリツヤもない元気のない肌の印象になります。反対に血行が良い顔は明るくツヤがあり、ハツラツとした印象を与えますよね。ストレッチやマッサージでコリや血行の改善を心がけている人は多いですが、顔の血行を意識することは少ないはず。カラダと同じように、マッサージやフェイスエクササイズなどを取り入れて、血行促進を目指しましょう。さらに顔の筋肉が鍛えられればたるみの改善にもなり、血行促進でくすみの改善も期待できます。

④日焼け・メラニン

女性は日頃から紫外線対策をしていますが、男性はほとんどしていないのが現状です。夏のアウトドアやスポーツの時だけ日焼け止めを塗って、そのほかは何もしないという男性が多いですよね。くすみの原因としても、紫外線は避けたいものなのです。『肌老化の65%は紫外線』と言われるほど、紫外線は肌に大きなダメージを与えるもの。紫外線を浴びると肌を守ろうとして、「メラニン色素」がつくられます。繰り返し紫外線を浴びることによってメラノサイトの数が増え、表皮も厚くなってしまうそう。さらにハリツヤを保っているコラーゲンが減少し、肌のたるみやシワ、シミの原因にもなっているのです。くすみだけでなく、紫外線はあらゆる肌トラブルの原因になります。日頃からコツコツと紫外線対策をしておくことが大切です。

『黄色のくすみ』に要注意!食事で改善を

10代や20代の頃は問題なかったけれど、歳を重ねるごとに黄色や茶色っぽくくすんでくる場合があります。特に黄くすみと言われる黄色っぽいくすみの人は多いですよね。これは糖化によってAGEsというものが体内に溜まることが原因です。糖化とは、糖質が体内のタンパク質や脂質と結びついてしまう現象のこと。適量の糖質は問題ありませんが、過剰摂取が問題となっています。白米・パン・麺類、これらは全て糖質です。またファーストフードやジャンクフードも問題です。残念なことに、美味しいものはほとんど糖質ですよね。10代の頃ならば、多少の無理をしても、カラダが跳ね返してくれるのであまり問題はありませんでした。しかし20代を過ぎると、徐々に問題が出てきます。まずは糖質の量を減らして、タンパク質やその他のビタミンやミネラルをしっかりと摂りましょう。キレイな肌、引き締まったカラダの維持のためには、食事の工夫は必須です。

 

 

運動と睡眠もくすみ対策に!

先ほどの黄くすみの原因となるのが糖化ですが、その糖化を防ぐためにも運動は効果的と言われています。さらに運動は血行促進やストレス発散にもなるので肌トラブルの原因ともなるストレス対策としても有効。運動をすると、身体が温まって血管が拡張します。すると隅々まで血液が行き渡るようになるので、肌の細胞に必要な栄養や酸素きちんと運んでくれたり、体内の老廃物の排出を促してくれたり、カラダの代謝が良くなるのです。また運動すると成長ホルモンの分泌を促すことも可能。子供の頃は成長するために必要なホルモンですが、大人にとっては、ハリツヤのあるキレイな素肌を維持していくためには欠かせないものです。

そして「睡眠不足はお肌に悪い!」なんて言われていますが、実はこれは本当。肌はターンオーバーというもので、日々新しく生まれ変わっています。古い角質は除去され、新しいお肌に変わるのです。このターンオーバーを促すのが成長ホルモンです。運動によって成長ホルモンの分泌を促すこともできますが、寝ている間も成長ホルモンが分泌される大切な時間です。睡眠不足になると肌のターンオーバーも正常に行われなくなるのです。古い角質が溜まった状態だと、肌はくすんで見えてしまいます。

運動と睡眠、これは両方ともお肌にとっては非常に大切なものです。毎日忙しい日々ですが、なるべく運動や睡眠の時間を確保できるよう心がけてみてください。

洗顔などの外的なケアと同時に運動や睡眠など、生活自体を見直してみれば、くすみの改善だけでなく、健康にも良い影響が現れるはずです。まずは実行しやすい洗顔や保湿を徹底し、自分の生活に無理のない範囲で運動を取り入れていってみてください。少し意識を変えるだけでも、くすみは驚くほど抜けていくはずです。

出典:男の美肌.COM